リフレクソロジーで体イキイキリフレッシュへ

効率よく勉強するため
スクールに行ってみよう

看護学校とは一体

将来の進路を考えてから選択する必要があります

医療というものは、国民生活に欠かすことの出来ないサービスですから、常に一定上の社会的なニーズが存在します。 特に現在からしばらくの間の日本は、最も人口の多い団塊の世代が高齢者になりますので、ニーズがピークを迎えることになるのです。 なかでも看護師に対するニーズは、とくに高いものがありまして、医療機関はもちろんですが介護関連においても活躍が期待されています。 こうした看護師になるためには、もちろん学校に通って国家試験にパスする必要があります。 看護学校の種類としては、3年程度の教育期間で済む専門学校と、4年以上の教育期間が必要な大学の2つに大きく分類されます。 したがって、看護師を目指すための注意点として、自分の将来の進路を良く考えてから選択する必要があります。

長く働く場合には大学を選んで、短く働く場合には専門学校を選んだ方が良いです

そこで、どのようにして自分自身の将来の進路を考えるかの、ある程度の指標がなければなりません。 その指標として、実際に働いてもらえる賃金が大きなウエイトを占めます。 賃金はもちろん個人の能力によって、将来的な伸び方は異なりますが、初任給としては大学を卒業したほうが高くなるのです。 また、初任給のあとの賃金の伸び率も、同じ程度の能力や努力であれば、大学卒業のほうが高くなる傾向があるのです。 いっぽうで、教育に必要となる時間や費用に関しては、専門学校のほうが短くて安く済みます。 このため、自分自身が将来にわたって長く看護師として働く場合には大学を選んで、短く働く場合には専門学校を選んだ方が良いと言えるのです。